2009年03月18日

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。
坐骨神経痛の急性期を過ぎると、身体の状態もたいぶ楽になってきて慢性期に入ります。
足のしびれや痛みを感じる範囲や動作も少なくなってきて、症状も和らいできます。
しかし、急性期にあった症状が改善されてきたからといってここで無理をしてしまうと症状が逆戻りしてしまいます。
くれぐれも無理は禁物です。
慢性期の坐骨神経痛についてご紹介します。

慢性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。
・決まった動作によって激しい痛みを感じていたのが、ズキンといった短い痛みに変わる。
・ビリビリとした電気が走ったような激しい痛みが減る。
・長い間立っていられなかったり、同じ姿勢でいられなかったりする時間が少なくなってくる。
・足のしびれや痛みはまだ感じるものの、歩けなかったり座れなかったりするほどではない。

坐骨神経痛が慢性期になってからもきちんと治療を続けていけば、症状がさらに改善されていきます。
足のしびれや痛みを感じてもすぐにおさまるようになり、無理をしなければ症状が出ないという日もあるでしょう。
これは、坐骨神経痛の原因の病気が回復に向かっている証拠です。
日常生活に支障が出ていた足のしびれや痛みを感じなくなったら、坐骨神経痛は完治した事になります。
しかし、全ての坐骨神経痛の患者が完治するわけではありません。
なかなか症状が改善されずに苦しんでいる患者さんもたくさんいます。
良くならないからと途中で治療を投げ出さずに、地道に行っていく事が大切です。

 安楽亭の株主優待
 全日空の株主優待
 テレビ東京の株主優待
 モロゾフの株主優待


posted by @@@ at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坐骨神経痛になったら

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は病気の名前ではありません。
他の病気に伴って発症する症状の事をいいます。
坐骨神経痛が発症した場合は、何か腰が関係する病気を持っているという事になります。
そしてその病気を治さなければ坐骨神経痛も改善されません。

坐骨神経痛が出たら、まずどの状態にすると腰の痛みや足のしびれがくるのか確かめる必要があります。
症状が、腰を曲げた時に起きるのか、腰をそった時に起きるのか、足が地面につく時に起きるのか、その状態によって発症している病気が違います。
自分の症状が把握できていると、病院で診察を受けた時にきちんと説明ができ、比較的早く病気の特定ができるでしょう。
しかし症状がひどい時には、無理せず安静にする事が第一です。

坐骨神経痛を引き起こしている病気の原因には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、腰椎すべり症、腰椎分離症などがあります。
病院では、まずX線検査が行われます。
さらに細かな情報が必要な場合に応じて、骨以外の状態がわかるCT検査やMRI検査を行います。
造影剤を使う場合もあります。
検査によって病気が特定できたら治療法を決めます。
西洋医学、東洋医学、民間療法などさまざまな治療法があり、整形外科、カイロプラクティック、鍼灸院、接骨院、整体院などの施設で治療が受けられます。
どの治療法にも良いところや悪いところがあります。
かかりつけの病院の先生や病気を経験している人に相談したりして、納得した方法を選びましょう。
ただし、日本ではまだ医療行為として認められていないカイロプラクティックや整体院などは、民間療法にあたります。
健康保険の対象外となり、全額実費となりますので注意してください。
坐骨神経痛の治療は、何度も通院する必要があります。
治療に民間療法を選ぶ場合は、必要経費の準備もしておきましょう。

 アトピーの原因と治療
 エイベックス株主優待
 ワコール株主優待
 ディズニーランドの株主優待


posted by @@@ at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。
急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。

急性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。
・おしり、太ももの裏側、ふくらはぎ、すね、足の先に強いしびれを感じる。
・前かがみになったりおじぎをしたりなどの前屈する時や椅子から立ち上がる時など、ある決まった動作をすると激しい痛みを生じる。
・寝返りを打つと、激しい足のしびれと痛みを感じる。
・足のしびれや痛みがある方の足が鈍感である。
・足のしびれや痛みのある方の足が敏感である。
・足のしびれや痛みのある方の足が動かしにくい。
・足のしびれや痛みがひどいために、日常生活においても支障をきたすほどになる。
・足のしびれや痛みがひどいために、電車やバスなどで立ち続ける事ができない。
・足のしびれや痛みがひどいために、椅子に同じ姿勢で座っていられない。

坐骨神経痛の急性期というのは、坐骨神経痛が一番悪くなっているピーク時の状態です。
坐骨神経痛の中で一番辛い時期と言えるでしょう。
坐骨神経痛の急性期の状態の時には、絶対安静を心がけるようにしましょう。
まずは、きちんと病院で診察を受ける事が重要になってきます。
年齢のせいだと放っておくとどんどん症状が進行してしまうので、早めに病院にかかりましょう。
また、勝手な自己判断で整体やはり治療などを行わないようにしてください。
マッサージなどはかえって逆効果で症状を悪化させてしまい、治るものも治らなくなってしまいます。

 派遣会社テンプスタッフの概要
 加圧トレーニングのやり方
 加圧トレーニングの効果
 再就職の方法


posted by @@@ at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。