2009年03月19日

坐骨神経痛は病名ではない

坐骨神経痛になるのは中高年の人ばかりではありません。
以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になりやすいと言われていましたが、最近では若い人でも坐骨神経痛の症状が出る事があります。
最近の若い人の食生活による栄養不足が原因ではないかと考えられています。
女性の場合、妊娠がきっかけで坐骨神経痛になってしまったという人もいます。

坐骨神経痛とは、病名ではありません。
腰痛や足のしびれなどの症状を表しています。
坐骨神経痛になる主な原因は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰部脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、腰椎すべり症、腰椎分離症などの腰の病気が挙げられます。
坐骨神経痛は、坐骨神経がこれらの病気によって圧迫されて発症する神経痛です。
つまり、坐骨神経に異常があるわけではなく、椎間板や骨、神経、筋肉などに異常が出た事によって起こっているのです。
坐骨神経痛の症状に足のしびれがありますが、その原因は足にはなく腰からきています。
坐骨神経痛が発症した場合は、何か腰が関係する病気を持っているという事になります。
そしてその病気を治療しなければ坐骨神経痛も改善されません。

坐骨神経痛は進行性の神経痛です。
その症状は、坐骨神経の圧迫の変化によって症状が進んでいきます。
坐骨神経痛の症状は、おしりのしびれから始まり、太ももの裏側から膝にかけての足のしびれ、そして末期になると足の先にまでしびれが出てきます。
放っておくと排尿障害まで引き起こす事もありますので、違和感のある足のしびれを感じたら早めに病院で診察を受けましょう。

 司法書士
 耳つぼダイエット
 住宅金融公庫
 バレンタイン プレゼント

posted by @@@ at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。