2009年03月18日

坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛の症状には、腰痛や足のしびれや痛みなどがあります。
坐骨神経痛に悩んでいる人は、比較的症状の軽い人から日常生活に支障が出ている重い症状の人までさまざまだと思います。
坐骨神経痛の治療の一つに運動療法があります。
もちろん、急性の坐骨神経痛の場合には運動療法は行わず、絶対安静が第一です。
運動療法は、慢性期の坐骨神経痛に効果があると言われています。

運動療法の基本は、萎縮してしまった筋肉を強くする事と柔軟性を向上する事です。
自宅でできる運動療法は腹筋や背筋です。
健康な状態でできる回数の7割程度を目安に行うようにします。
例えば20回できていたなら14回が目安となります。
また、ウォーキングや水泳なども腰の筋肉を強くする運動です。
腰痛体操やストレッチは、腰の柔軟性を良くします。
ゆっくりと勢いをつけずに行う事が大切です。
運動療法を始める時は、準備運動もきちんと行いましょう。
これらの運動は、無理をせずにできる範囲で行ってください。
足のしびれや痛みなどの症状をこらえて行うとかえって逆効果になってしまいます。
あせりは禁物です。

運動療法を行う場合は、必ずかかりつけの医師と相談して適切に行いましょう。
運動によっては痛みが増したり症状が悪化してしまったりする場合がありますので、この場合はただちに運動をやめて安静にします。
自分に合った方法で負担にならない程度にゆっくりと行っていくといいでしょう。
また、坐骨神経痛にはその原因となる病気があります。
まずはそちらの治療を優先して行わなければ坐骨神経痛は改善する事はありません。


 新生銀行の特徴
 TOEICテストについて
 バイク保険
 ヒールスニーカー


posted by @@@ at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坐骨神経痛とコルセット

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛に悩まされている方は少なくないと思います。
坐骨神経痛を治療する保存療法の一つに装具療法があります。
腰に装着するコルセットを使用する事により、腰椎の安定を維持して坐骨神経痛の痛みを和らげていく方法です。

コルセットには2種類あります。
一般的なコルセットは軟性コルセットです。
もともとは美容目的で作られましたが、腰椎をしっかりと固定できるので坐骨神経痛の症状を和らげる効果があります。
腰に装着した時もそれほどの違和感はありません。
しかし、歩いていると腰痛や足のしびれが起きて歩けなくなる間欠跛行にはあまり効果が現れないようです。
間欠跛行の症状がある場合は、特殊な腰部脊柱管狭窄症用のコルセットを使用します。
腰部脊柱管狭窄症用のコルセットは少し前傾姿勢になるので、軟性コルセットに比べて腰部脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の症状はより緩和されます。
しかし、腰部脊柱管狭窄症用のコルセットは装着した時に違和感があり、あまり快適ではありません。
また、長い時間装着していると腹筋や背筋の筋力が落ちてしまう場合もあるそうです。

コルセットを使用すると誰でも坐骨神経痛は治るのかというと、必ずしもそうではありません。
また、必ず症状が改善されるとは限りません。
かかりつけの医師に、コルセットを使用するかどうか、コルセットの種類、1日にどれくらいどんな時にコルセットを装着するのかなどを十分に相談しましょう。
決して勝手な自己判断でコルセットを使用しないようにしてください。


 特定保健用食品(トクホ)について
 イーバンク口座のメリット
 ジャパンネットバンクのメリットとデメリット
 住信SBIネット銀行の特徴


posted by @@@ at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坐骨神経痛の治療

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛の治療にはさまざまな方法があります。
一番の基本は絶対安静です。
坐骨神経痛の急性期は、症状がピークになっていますので無理は禁物です。
腰に装着するコルセットを日常生活で使用する場合もあります。
コルセットで姿勢を正して腰を保護し、身体に負担がかからないようにします。

整形外科での治療では薬物療法も行われます。
安静にしていても症状がひどくて耐えられない場合に、薬で痛みを抑えます。
非ステロイド性の消炎鎮痛剤の飲み薬か座薬が処方される事が多いです。
腰部脊柱管狭窄症の場合は、血液の流れの悪化が足のしびれを生じる原因なので、血流を良くする薬が処方されます。
しかし薬での治療を続けていくと、胃腸障害や心臓疾患などの副作用の心配が出てきます。

理学療法では、ホットパックなどを使用した温熱治療を行って症状を和らげます。
牽引治療といって、骨盤にベルトをして引っ張り腰の周りの筋肉の緊張をほぐして血流を改善する方法もあります。
理学療法の中には自分で自宅でもできそうなものもありますが、勝手な自己判断で行ってしまうと症状が悪化してしまう恐れがあります。
病院で正しく治療してもらうのが一番です。

神経ブロックは、足のしびれや痛みの原因となっている神経に局所麻酔をして痛みが伝わるのを遮断します。
痛みがブロックされることにより、血流を改善して炎症を鎮めます。
神経ブロックは、一度の注射で何ヶ月か痛みがなくなる患者もいれば、そのまま完治してしまう患者もいます。
逆に1時間ほどしか痛みがなくならないという患者もいますし、神経ブロックの効果は人それぞれです。


 甲斐バンドさよならツアー
 WEBセーフカラー
 お小遣いが稼げるブログ
 簡単!3分でできるgooブログ

posted by @@@ at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。
坐骨神経痛の急性期を過ぎると、身体の状態もたいぶ楽になってきて慢性期に入ります。
足のしびれや痛みを感じる範囲や動作も少なくなってきて、症状も和らいできます。
しかし、急性期にあった症状が改善されてきたからといってここで無理をしてしまうと症状が逆戻りしてしまいます。
くれぐれも無理は禁物です。
慢性期の坐骨神経痛についてご紹介します。

慢性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。
・決まった動作によって激しい痛みを感じていたのが、ズキンといった短い痛みに変わる。
・ビリビリとした電気が走ったような激しい痛みが減る。
・長い間立っていられなかったり、同じ姿勢でいられなかったりする時間が少なくなってくる。
・足のしびれや痛みはまだ感じるものの、歩けなかったり座れなかったりするほどではない。

坐骨神経痛が慢性期になってからもきちんと治療を続けていけば、症状がさらに改善されていきます。
足のしびれや痛みを感じてもすぐにおさまるようになり、無理をしなければ症状が出ないという日もあるでしょう。
これは、坐骨神経痛の原因の病気が回復に向かっている証拠です。
日常生活に支障が出ていた足のしびれや痛みを感じなくなったら、坐骨神経痛は完治した事になります。
しかし、全ての坐骨神経痛の患者が完治するわけではありません。
なかなか症状が改善されずに苦しんでいる患者さんもたくさんいます。
良くならないからと途中で治療を投げ出さずに、地道に行っていく事が大切です。

 安楽亭の株主優待
 全日空の株主優待
 テレビ東京の株主優待
 モロゾフの株主優待


posted by @@@ at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坐骨神経痛になったら

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は病気の名前ではありません。
他の病気に伴って発症する症状の事をいいます。
坐骨神経痛が発症した場合は、何か腰が関係する病気を持っているという事になります。
そしてその病気を治さなければ坐骨神経痛も改善されません。

坐骨神経痛が出たら、まずどの状態にすると腰の痛みや足のしびれがくるのか確かめる必要があります。
症状が、腰を曲げた時に起きるのか、腰をそった時に起きるのか、足が地面につく時に起きるのか、その状態によって発症している病気が違います。
自分の症状が把握できていると、病院で診察を受けた時にきちんと説明ができ、比較的早く病気の特定ができるでしょう。
しかし症状がひどい時には、無理せず安静にする事が第一です。

坐骨神経痛を引き起こしている病気の原因には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、腰椎すべり症、腰椎分離症などがあります。
病院では、まずX線検査が行われます。
さらに細かな情報が必要な場合に応じて、骨以外の状態がわかるCT検査やMRI検査を行います。
造影剤を使う場合もあります。
検査によって病気が特定できたら治療法を決めます。
西洋医学、東洋医学、民間療法などさまざまな治療法があり、整形外科、カイロプラクティック、鍼灸院、接骨院、整体院などの施設で治療が受けられます。
どの治療法にも良いところや悪いところがあります。
かかりつけの病院の先生や病気を経験している人に相談したりして、納得した方法を選びましょう。
ただし、日本ではまだ医療行為として認められていないカイロプラクティックや整体院などは、民間療法にあたります。
健康保険の対象外となり、全額実費となりますので注意してください。
坐骨神経痛の治療は、何度も通院する必要があります。
治療に民間療法を選ぶ場合は、必要経費の準備もしておきましょう。

 アトピーの原因と治療
 エイベックス株主優待
 ワコール株主優待
 ディズニーランドの株主優待


posted by @@@ at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には、急性期のものと慢性期のものがあります。
急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。

急性期の坐骨神経痛には、以下のような症状が出てきます。
・おしり、太ももの裏側、ふくらはぎ、すね、足の先に強いしびれを感じる。
・前かがみになったりおじぎをしたりなどの前屈する時や椅子から立ち上がる時など、ある決まった動作をすると激しい痛みを生じる。
・寝返りを打つと、激しい足のしびれと痛みを感じる。
・足のしびれや痛みがある方の足が鈍感である。
・足のしびれや痛みのある方の足が敏感である。
・足のしびれや痛みのある方の足が動かしにくい。
・足のしびれや痛みがひどいために、日常生活においても支障をきたすほどになる。
・足のしびれや痛みがひどいために、電車やバスなどで立ち続ける事ができない。
・足のしびれや痛みがひどいために、椅子に同じ姿勢で座っていられない。

坐骨神経痛の急性期というのは、坐骨神経痛が一番悪くなっているピーク時の状態です。
坐骨神経痛の中で一番辛い時期と言えるでしょう。
坐骨神経痛の急性期の状態の時には、絶対安静を心がけるようにしましょう。
まずは、きちんと病院で診察を受ける事が重要になってきます。
年齢のせいだと放っておくとどんどん症状が進行してしまうので、早めに病院にかかりましょう。
また、勝手な自己判断で整体やはり治療などを行わないようにしてください。
マッサージなどはかえって逆効果で症状を悪化させてしまい、治るものも治らなくなってしまいます。

 派遣会社テンプスタッフの概要
 加圧トレーニングのやり方
 加圧トレーニングの効果
 再就職の方法


posted by @@@ at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。