2009年03月16日

腰椎椎間板ヘルニア

足のしびれが症状となって起こる病気に腰椎椎間板ヘルニアがあります。
背骨を構成しているうす状の骨を椎体といいます。
24個の骨が弓なりに連なっており、この中の腰の部分にあるのが腰椎です。
腰椎と腰椎との間をつないで、クッションのような役割を果たしているのが椎間板と呼ばれる軟骨です。
椎間板は周辺部分の硬い線維輪と中心部分のゼラチン状の髄核で構成されています。
人間の骨は年齢と共にもろくなっていきます。
特に椎間板は20歳を超える頃から老化し始めると言われており、弾力性が失われていきます。
そのためちょっとした衝撃で線維輪が破れて髄核が飛び出し、神経根を圧迫した状態が腰椎椎間板ヘルニアです。

腰椎椎間板ヘルニアになる原因は加齢だけではありません。
骨を作るカルシウムが不足すると、骨がスカスカになってしまいます。
この症状を骨粗しょう症と言いますが、骨がもろくなってしまっているので腰椎椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、腰痛に伴い片側のおしりから太ももの裏、足のふくらはぎの裏から外側にかけてしびれや痛みを感じます。
身体の片側だけに症状が現れるのが特徴です。
足のしびれや痛みにより足の親指をそり返す力が弱くなった場合にも、腰椎椎間板ヘルニアが疑われます。
症状が進行すると、しびれや痛みのある側の足の筋力が落ちていきます。
椎間板ヘルニアには、重い物を持ち上げた時などに起きる急性のものと、症状が徐々に強くなっていく慢性のものがあります。

 合ラン
 ゴルコン
 野球観戦コンパ
 派遣うつ

posted by @@@ at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰部脊柱管狭窄症になったら

腰痛や足のしびれなどの症状を伴う腰部脊柱管狭窄症は、中高年に多い病気といわれています。
しかし腰部脊柱管狭窄症になってしまっても、年齢のせいだからと諦めてしまう事はありません。
意識の持ちようやちょっとした努力で、症状の進行を遅らせることができます。

まずは、日常生活を見直していきます。
症状が軽い場合は、日頃からの姿勢に注意したり、年齢や生活環境にあった適度な運動を取り入れたり、肥満の予防と改善に心がけます。
立ったり背中をそらせたりする姿勢は足のしびれなどの症状が出やすいので、症状が楽になる前かがみの姿勢をとるようにします。
歩く時に杖を使ったり自転車に乗ったりなどで、前かがみの姿勢を保つ事ができます。
寝る時は仰向けだと腰がそってしまいますので、バスタオルなど膝の下に入れて寝るようするといいでしょう。
こうする事によって、膝が曲がって腰がそりにくくなります。
腰に負担がかかる、重い荷物を持ち上げたり腰をひねったりという動作もしないように心がけます。
長い時間同じ姿勢をとらないようにも注意します。
しかし、腰に負担がかかるからといって安静にしていればいいというものではありません。
身体を適度に動かして筋力をつける事も必要です。
この場合は、医師に相談して行いましょう。

腰部脊柱管狭窄症を病院で治療する他に、鍼灸やカイロプラクティックなどの治療院でも効果があると言われています。
治療にどこを選ぶとしても、評判や口コミを参考にして自分の納得できる所を選びましょう。
腰部脊柱管狭窄症について、自分にわかりやすく説明してくれるかどうかも判断の基準になります。
また、自分のかかっている病院や治療院に疑問を感じたら、一つの病院や治療院にこだわらずに他の所を受診してみてもいいと思います。
安心して自分の大切な身体をあずけられる病院や治療院を選びましょう。

 特許庁
 川田亜子
 徳川家定
 クラブニンテンドー

posted by @@@ at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰部脊柱管狭窄症の手術

腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。
しかし、しばらく保存療法を続けてみても効果が得られず間歇跛行が改善しない場合や、足のしびれの他にマヒや排泄障害の出る馬尾が圧迫された重い症状の場合には手術が必要になってきます。
腰部脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管を広げて神経への圧迫を取り除いていきます。
これを除圧といいます。
神経がどのように圧迫されて足のしびれや痛みを生じているかによって、手術の方法が変わってきます。

脊柱管の中の神経を圧迫しているものに椎弓、じん帯、関節突起などがあります。
脊柱管の後ろの部分を椎弓といい、これは削っても身体への影響はありません。
じん帯は、骨と骨とを結んでいる組織の事をいいます。
手術には、これらの椎弓、じん帯、関節突起の一部を広範囲に切除する「椎弓切除術」と必要な部分だけを症状に応じて切除する「開窓術」の方法があります。
椎弓切除術の方が、除圧が確実に行えますが、手術後に脊椎が不安定になった場合には、患者自身の骨や人工骨を入れて固定する「椎体間固定術」が行われる事もあります。
手術によって除圧はできますが、足のしびれやマヒなどは神経の症状は少し残ってしまう場合があります。
ごくまれにですが症状が再発してしまう場合もありますので、その事を踏まえて手術に臨むようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症は、早期の発見と治療を行えば手術を必要とせずに保存療法のみで改善する事ができます。
足のしびれが、年をとったからだと自己判断で放っておいてはいけません。
違和感のある足のしびれを感じたら、できるだけ早く病院で診察を受けましょう。

 新生活家電の選び方
 リクルートスタッフィング
 INGNI
 ニコラ


posted by @@@ at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で腰部の脊柱管が狭くなって脊柱管の中の神経を圧迫してしまう病気です。
腰痛や足のしびれなどの症状があります。

病院での診断では、X線検査やCT検査、MRI検査を行って脊柱管が狭くなっているかを調べます。
まずX線検査を行い、さらに細かな情報が必要な場合に応じて、骨以外の状態がわかるCT検査やMRI検査を行います。
造影剤を使う場合もあります。
間欠跛行は腰部脊柱管狭窄症の特徴ですが、閉塞性動脈硬化症にもみられる症状ですので、他の病気が考えられるかどうかも併せて判断します。

腰部脊柱管狭窄症は、排泄障害があるなど馬尾が圧迫された重い症状の場合には手術が必要になりますが、腰や足のしびれなどの神経根が圧迫された比較的軽い症状には、保存療法で治療を進めていきます。
保存療法には、薬物療法、理学療法、装具療法、神経ブロックなどがあります。
薬物療法では、非ステロイド性の鎮痛薬や内服薬、貼付薬、塗り薬などを使用します。
また、血管を拡げる作用のある循環障害改善薬を使って血流を改善していきます。
理学療法では、ホットパックなどの温熱療法を行い、血流を改善していきます。
腰椎の牽引治療が行われる場合もあります。
装具療法では、腰部コルセットをつけて腰部を安静にします。
屈曲コルセットで、腰を曲げた状態で固定する事もあります。
神経ブロックは、足のしびれや痛みの原因となっている神経に局所麻酔をして痛みが伝わるのを遮断します。
痛みがブロックされることにより、血流を改善して炎症を鎮めます。
「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」があり、硬膜外ブロックで効果がない場合に神経根ブロックを行います。

 地上デジタル方法 青汁
 ネットで金儲け
 お宮参りの基礎知識


posted by @@@ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰部脊柱管狭窄症

足のしびれが症状となって起こる病気に、腰部脊柱管狭窄症があります。
脊柱とは、椎骨が連結して柱状になったもので背骨の事です。
脊柱の中心には椎骨が連結してできた管があり、これを脊柱管といいます。
脊柱管の中には脊髄や神経根があり、脊柱は身体を支える柱として、また神経を保護するという大切な役割を果たしています。
腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で腰部の脊柱管が狭くなって脊柱管の中の神経を圧迫してしまう病気です。
腰痛や足のしびれなどの症状があります。
中高年に多く発症する病気だと言われています。

腰部脊柱管狭窄症の特徴は「間欠跛行」です。
歩いているうちにだんだんと足のしびれや痛みが出てきて歩くのが困難なほどになるものの、しばらく休むとまた歩けるようになるという状態です。
歩く事のできる時間は、1分だったり10分だったり病気の状態によって変わってきます。
前かがみになると、立っている状態より神経への圧迫が少なくなるので楽になります。

腰部脊柱管狭窄症には、圧迫されている場所によって出てくる症状は違います。
神経根が圧迫された場合、腰から足にかけてのしびれや痛みが現れます。
左右どちらか一方の神経根だけが圧迫されると、圧迫された側にしびれや痛みの症状が出ます。
神経の束である馬尾が圧迫されると、足のしびれの他にマヒや脱力感、排泄障害が起こります。
これは神経根が圧迫されるよりも重症です。
神経根と馬尾の両方が圧迫される場合もあります。

 ケーブルテレビ
 コエンザイムQ10
 冷凍保存のコツ
 ETC

posted by @@@ at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉塞性動脈硬化症の検査と治療

足のしびれが閉塞性動脈硬化症によるものかどうかを調べるためには触診が行われます。
触診は、足の付け根、膝の後ろ、くるぶしの内側、足の甲にある動脈を触り、脈が触れているかどうかを検査します。
脈を感じなかったり弱かったりすると、足の動脈が詰まっているという事になります。
足首の血圧を測って、腕の血圧との差で血管が詰まっているかどうかを調べる検査もあります。
腕の血圧より足首の血圧が低いと、閉塞性動脈硬化症が疑われます。
閉塞性動脈硬化症だと診断が出ると、治療するための検査を次に行います。
超音波、CTスキャン、MRIなどで血管の詰まっている状態を調べていきます。
これらの検査は外来でできるので入院の必要はありません。

閉塞性動脈硬化症の治療法には、「保存療法」と「血行再建」の二つがあります。
症状の状態が1期〜2期であれば、保存療法が行われます。
保存療法の内容は、薬物療法や運動療法です。
薬物療法では、足の血流を改善するために血管を拡張させる薬を使います。
運動療法は、無理のないくらいの距離を歩きます。
歩く事で血管が閉塞してできた側副血行路という細い血管が発達して血流が改善され、足のしびれもなくなります。

症状の状態が3期〜4期の場合は血行再建を行います。
血管内治療やバイパス手術で血流を回復していきます。
血管内治療は、足の付け根から先端に風船のついた細い管(カテーテル)を入れて、閉塞した血管の中で風船をふくらませて血管を拡げます。
また、金属製の管(ステント)を閉塞した血管の中に埋め込んで拡げる方法もあります。
入院は2〜3日間です。
局所麻酔のみでメスを使わずに治療ができるので、注目されている治療方法です。

バイパス手術は、患者本人の静脈の一部または人工血管を、閉塞した血管の中枢側と末梢側に縫い付けて新しい血流の路を作り、血流を回復させるという手術です。
血管が再び詰まる可能性は低く、もっとも多く行われています。
全身麻酔のため、入院期間が長くなります。

 後期高齢者医療制度
 口臭の原因と予防 食事で中性脂肪は減る
 豊胸マッサージ

posted by @@@ at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉塞性動脈硬化症の検査と治療

足のしびれが閉塞性動脈硬化症によるものかどうかを調べるためには触診が行われます。
触診は、足の付け根、膝の後ろ、くるぶしの内側、足の甲にある動脈を触り、脈が触れているかどうかを検査します。
脈を感じなかったり弱かったりすると、足の動脈が詰まっているという事になります。
足首の血圧を測って、腕の血圧との差で血管が詰まっているかどうかを調べる検査もあります。
腕の血圧より足首の血圧が低いと、閉塞性動脈硬化症が疑われます。
閉塞性動脈硬化症だと診断が出ると、治療するための検査を次に行います。
超音波、CTスキャン、MRIなどで血管の詰まっている状態を調べていきます。
これらの検査は外来でできるので入院の必要はありません。

閉塞性動脈硬化症の治療法には、「保存療法」と「血行再建」の二つがあります。
症状の状態が1期〜2期であれば、保存療法が行われます。
保存療法の内容は、薬物療法や運動療法です。
薬物療法では、足の血流を改善するために血管を拡張させる薬を使います。
運動療法は、無理のないくらいの距離を歩きます。
歩く事で血管が閉塞してできた側副血行路という細い血管が発達して血流が改善され、足のしびれもなくなります。

症状の状態が3期〜4期の場合は血行再建を行います。
血管内治療やバイパス手術で血流を回復していきます。
血管内治療は、足の付け根から先端に風船のついた細い管(カテーテル)を入れて、閉塞した血管の中で風船をふくらませて血管を拡げます。
また、金属製の管(ステント)を閉塞した血管の中に埋め込んで拡げる方法もあります。
入院は2〜3日間です。
局所麻酔のみでメスを使わずに治療ができるので、注目されている治療方法です。

バイパス手術は、患者本人の静脈の一部または人工血管を、閉塞した血管の中枢側と末梢側に縫い付けて新しい血流の路を作り、血流を回復させるという手術です。
血管が再び詰まる可能性は低く、もっとも多く行われています。
全身麻酔のため、入院期間が長くなります。

 ケイトコスメ
 ダイエットコーラ
 となりのトトロ
 映画「崖の上のポニョ」

posted by @@@ at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉塞性動脈硬化症

「一定の距離を歩くと途中で足がしびれて歩けなくなり、少し休むと治って歩けるようになる」という症状を、運動不足や老化のせいにはしていないでしょうか。
足がしびれても休めば良くなるからと放っておいてはいけません。
血管の詰まりが原因で、このように足のしびれや痛みが出る場合があるのです。

人間は30歳を過ぎたあたりから、動脈が弾力性を失い始め硬くなっていきます。
コレステロールなどが硬くなった動脈にたまると、血管の内側が狭くなります。
そうなると血液の流れが悪化します。
「動脈硬化」とはこの状態の事をいいます。
動脈硬化の起きやすい場所は、脳や心臓、腎臓などの動脈ですが、首や足の動脈にもみられます。
足の動脈に動脈硬化が起こって血管が詰まると、足のしびれや痛み、だるさ、冷えなどの症状が現れます。
これが悪化すると「閉塞性動脈硬化症」という病気になります。
閉塞性動脈硬化症は進行性の病気で、症状の状態によって4つに分類されています。

1期は、足のしびれや冷感を感じる状態です。
2期は、一定の距離を歩くと足のしびれや痛みで歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる状態です。
3期は、安静にしていても足の痛みを感じる状態です。
4期は、血流の悪い場所の皮膚がジクジクする潰瘍や、足の先の組織が腐ってしまう壊疽、死んでしまう壊死の状態です。

実際には1期の足のしびれや冷感で病院の診察を受ける人は少ないので、ほとんどの人が2期の状態から治療を始めています。
3期〜4期まで症状が悪化してしまうと、足の切断をしなければならない場合があります。
遅くても、2期のうちには適切な治療を始める事が重要となってきます。
また、閉塞性動脈硬化症の患者は脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が高いと言われています。

 オーネット
 無利息キャッシング
 自分専用のドメインを取ろう!
 低金利おまとめローン
 マンツーマン英会話


posted by @@@ at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。