2009年03月08日

足のしびれからくる病気

足のしびれは、時には大きな病気につながることもあります。
足がしびれることがあっても日々の生活に影響がないと、なかなか病院には行かないかもしれません。
しかし、足のしびれを軽くみてはいけません。
足のしびれから引き起こす病気を以下にご紹介します。

動脈硬化は、中高年によくみられます。
脳に血液がうまく行き渡らないために運動神経に支障が出てきます。
症状としては、手足のしびれの他に頭痛やめまい、動悸、体がだるいなどがあります。
ひどくなると脳卒中を発症してしまう恐ろしい病気です。

頚椎病は、中高年によくみられます。
頚椎病とは、頚椎の筋肉が年齢と共に衰えけいれんする事です。
長年にわたってよくない姿勢で過ごしていても、頚椎の周りに異常が出てきて病気を発症します。
症状としては、手足のしびれの他に、一時的な頭痛やめまいなどがあります。

自律神経が不安定になった場合にも足のしびれる事があります。
この場合は、治療と並行して専門医によるカウンセリングも必要となってきます。
手足のしびれの他に、動悸やめまい、寝つきが悪い、不眠、怒りやすいなどの症状がみられます。
これらの症状は、自律神経が安定してくると自然になくなっていくそうです。

栄養失調は、過度のダイエットや食欲不振、貧血、過労の場合に起こります。
この場合にも手足がしびれる事があります。
栄養失調は、鉄分とビタミンB1、B2をたくさん含んだ食べ物を摂取し、十分に休養すればほとんど良くなります。

足のしびれからくる病気は大病につながる事もありますので、ちょっとでも異変を感じたら病院で診察を受けるようにしましょう。

 電報について
 卒業旅行
 京都のホテルの口コミ
 京都旅行


posted by @@@ at 05:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足のしびれについて

症状に足のしびれを伴う動脈硬化や頚椎病などの病気は中高年に多いと言われています。
しかし、そうでなくても残念ながら加齢とともに手足がしびれて言う事をきかなくなってしまう事もあります。
足のしびれの原因は自分ではわかりませんので、足のしびれる回数が多くなったり、しびれが激しくなって痛みを伴うようになったりした場合は必ず病院に行って診察を受けましょう。

足のしびれからくる病気はなにも若い人には発症しないというわけではありません。
若い人でも足のしびれを感じている人は年々増加傾向にあります。
若い人に起きる足のしびれの原因は、中高年に多い体調不良によるものは少ないようです。
どちらかというとその生活習慣が原因だと言われています。
最近は、朝食をとらないという若い人が多いようですが、実は脳が一番栄養を欲しがるのは午前中です。
栄養が一番必要な時に食事をとらない状態が長く続くと、脳は貯蓄していた養分を全部使ってしまい栄養失調になってしまうのです。
この場合は、両足ではなく片足だけがしびれる事が多いようで、その人によって左右の足どちらがしびれるか違ってきます。
足のしびれる時間帯も、朝起きてすぐだったり、寝ている時間だったり人それぞれのようです。
また、身体を冷やす事により足がしびれることもあります。
身体が冷えてしまうと、血流が悪化して血液が行き渡らなくなって足がしびれます。
このような若い人の生活習慣が原因の足のしびれは、生活の改善する事によってなくなります。
しかし、自己判断は禁物です。
足のしびれの症状が現れたら、まず病院で診察を受ける事が大切です。

 卒業祝いの電報
 入学祝いの電報
 お悔やみの電報(弔電)
 結婚式の電報


posted by @@@ at 05:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足のしびれ

私たちは、日常の生活の中で足のしびれを経験する事があると思います。
足のしびれの原因というと、まず正座が挙げられるのではないでしょうか。
法事の時など長い間正座し続けていると、いざ立とうとした時に足がしびれて立ち上がれないなどという事がありますよね。
正座をする事によって、足の血行が悪くなります。
血行不良で血液が行き渡らなくなると、神経細胞がしびれを引き起こします。
このしびれというのは、血液不足により弱った神経が間違った信号を出したものです。
しびれの仕組みは、「痛い」とか「熱い」「触った」などという感覚とは違っています。
長時間正座を続けていると、「熱い」「触った」などの感覚を伝えている神経がどんどん弱っていってしまい、感覚を伝える事ができなくなってしまいます。
正座をするとよく「足の裏の感覚がない」状態になると思いますが、この状態が、神経が感覚を伝えられなくなった状態です。
しかし、神経の中でも「痛い」を伝える神経だけは他の感覚の神経が弱っていても間違った信号をずっと送ります。
正座を続けて足がビリビリとしびれてくるのはそのためです。

正座が原因の足のしびれならば心配する事はありませんが、違う原因の足のしびれもあります。
しびれている時間が短かったり、足の指だけがしびれたりと生活に対して支障をきたさない程度だと、そんなに深刻にはならないでしょう。
しかし、足のしびれは身体の調子が悪くなる前触れでもあり、そのままにしておけば後に大事に至ることになるかもしれません。
足のしびれが原因の病気には、「脳梗塞」「脳出血」「腰椎ヘルニア」「腫瘍」などがあります。
足のしびれが続くようなら、早めに病院で診察する事をお勧めします。
しびれの原因を早いうちに取り除いて病気を予防しましょう。

 学生の引っ越し
 学生の引っ越し 業者選び
 就職の引っ越し業者選び
 就職に伴う引っ越しの方法
posted by @@@ at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。